新人薬剤師の挑戦

成田 圭

薬剤師を目指したキッカケ

資格を活かして長く働き続けられる職業を考えた時に、6年制になり注目されていた薬剤師という職業を見つけました。

国家資格であり、高齢化社会になっていく日本にとって重要な立場となっていくであろう職業に魅力を感じたのがきっかけです。

入社の決め手

服薬指導に力をいれているという点と、勤務地の希望を優先してくれる点です。

薬剤師として患者さんと向き合っていきたいという思いと、できるだけ通勤に時間をかけたくないという考えがマッチングしました。

また、面接時の気さくな対応にも魅かれました。

研修について

隔週で行われる新人研修はスケジュール的にちょうど良かったと思います。現場で実際に、自分が体験した方が早く身に付き、戦力になるのも早いと思いました。ですがそれだけでは補えない部分を研修ではフォローしてくれていた感覚でした。

ライフワークバランスについて

働く地域を考えてくれるおかげで、通勤時間が短く、その分プライベートにあてられています。店舗やエリアで協力しあってお休みもとることができ、周りのスタッフには感謝しています。

薬剤師としてどうなりたいか

患者様に信頼される、「あの人に相談すれば」と思ってもらえる薬剤師になりたいです。

こんな風になりたいと思える薬剤師の先輩方が多くいるので、できるだけ色々なことを吸収していきたいと思っています。

仕事の楽しさ、やりがい

患者様に感謝してもらえることに1番やりがいを感じます。また、関わっていくなかで患者様が心を開いてくれた時、さらに一歩踏み込ませてくれた時なども自分のモチベーションアップにつながっています。

今後の課題、やりたいこと

自分の目指す薬剤師像に近づくための第一段階として、かかりつけ薬剤師を目指したいと思っています。また、在宅や地域連携にも関わっていければいいな、と思っています。