管理薬剤師としての仕事の楽しさ

梅本 慶太

薬局薬剤師を選んだ理由

前職は公務員として働いていました。業務は不規則で、夜勤もあるような仕事でした。

そんな折、私に家族が出来、家族と一緒の時間を過ごせるライフスタイルに変えたいと思い転職を決意しました。

薬局薬剤師を選んだのは、患者様だけでなく、店舗の運営(マネジメント)も考える必要があると考えたからです。非常にやりがいのある職業だと思います。

管理薬剤師としての仕事の楽しさ

医薬品の採用や在庫管理、客層を考えてのOTCの選択など自分の判断で決められることです。もちろん会社の方針が第一優先ですが、メディックスは社員の意見を尊重し挑戦させてくれます。

さらに、後輩を一人前に育てるといった教育も重要な仕事で自身の勉強にもなっています。

店舗運営をするにあたって大切にしていること

患者様目線での店舗運営を大切にしています。

患者様に「この薬局はいいな、良いことを教えてもらった」と安心・満足してもらい、患者様が気になること、不安に思っていることを気軽に相談出来るような薬局にしたいと心掛けています。

患者様からの信頼が得られれば必ず次も来局していただけると考えています。

現在取り組んでいる地域医療連携について

地域の介護職等の方達は、一包化や残薬調整など、薬局薬剤師の普段の業務が十分に理解されていない現実があります。地域連携・多職種連携の一環として、介護職の方へ薬の勉強会を開催しています。

薬局や薬剤師のことを知っていただく良い機会となっています。

今後の課題、やりたいこと

患者様や地域の方を対象にした薬の勉強会などを行いたいと思っています。

私個人や所属店だけの活動でなく、メディックス全社の活動として進めていきたいと考えています。