マネジャーとして必要なコミュニケーション

小林 真帆

病院薬剤師からの変化

前職での病院業務は疾患に対し専門的な薬物治療や最先端の医療を提供し、病気を治すことが目的でした。

調剤薬局では薬物治療に加え予防医療も重要になります。

薬だけでなく、患者様の生活全体を把握し、健康維持の為の情報提供を行うため専門的かつ多岐に渡った知識が必要です。その為には、患者様から様々な情報を聞き出すコミュニケーション能力も大切だと考えています。

マネジャーとしての仕事内容

(さくら薬局大蔵店のマネジャーとして)店舗の業績管理、スタッフ管理を行っています。

スタッフ皆さんのサポートや育成を行い、店舗として成果をあげることが目標です。

店舗に限らずエリア内の連携強化、情報共有等も行っています。

また、門前クリニックの医師との交流を深めたり、地域薬剤師会や勉強会に参加する事で地域医療に貢献できる体制作りをしています。

マネジャーになって変化したこと

エリア外でたくさんの方と交流が増え、色々な方と話す様になり、物事を多角的にとらえられるようになり、考え方の幅が広がりました。

店舗外交流があるので、身だしなみや笑顔、明るく接することを改めて意識するようになりました。

マネジャーとしては助けてもらうことばかりなので、周りのスタッフにいつも感謝しています。

マネジャーに必要な資質

マネジャーとして気を付けていることは薬局全体をよく観察する事です。些細な変化に気づくことで業務の問題点を発見したり、スタッフとより良いコミュニケーションがとれるのではないかと考えています。相手の話をよく聞き、尊重することも大切にしています。

会社と社員の雰囲気

アットホームな会社だと思います。私が所属するエリアは同年代や気さくな方が多く親しみやすい雰囲気です。業務後に食事に行くことも多いです。職種を問わず責任感を持って仕事に取り組んでくれる方が多いので、お互いに切磋琢磨しあい患者様により良い医療貢献ができるよう努めています。